美術大学時代から仲良くしていた友人は、別のデザイン会社で仕事をしていたのですが、私と同じような境遇にありました。
彼女も自分のイラストを認めてもらうことができず、イライラした毎日を送っていた人だったのですが、独立を決めたなんて言い出すんだから驚かされました。
久しぶりに会って、じっくり話を聞かせてもらうことにしました。
お金くれる人と知り合ったなんて、ちょっとびっくりするような発言でしたから、どのような関係なのかまた出会いの方法とか、それを詳しく聞きたい気持ちが強かったのです。
「それで、お金くれる人って、どんな関係を作ったの?やっぱり愛人?」
「愛人じゃなくてパトロンね」
「それって愛人と違うの?」
「全然違うと思う。エッチしてないし」
「エッチしないのにたくさん支援してもらえるの?」
「そうなんだ、デートするだけ♪」
「デートだけ?」
頭の中がこんがらがってしまった感じです。
独立するための資金を、デートをするだけでもらうってどういった関係なのかって感じでした。
「パパ活?」
「そういうチャラいのと一緒にされると困るんだよ(笑)」
パパ活と言う関係よりも、ずっと上のランクの関係だと彼女は言い出したのです。

「夢を追いかけている女の子の手伝いをする、そういうお金持ちの人がいるの。独立して私の仕事が軌道に乗るまで、今までもらっていた給料と同じぐらい毎月出してくれるんだよね」
「デートだけで?給料を肩代わり?」
「そうなんだよ、だからパパ活なんて子供の遊び(笑)」
彼女の言うパトロンという関係はパパ活とは全く別の次元、パパ活を軽蔑していた私にhaうってつけだって感じでした。
彼女の話を聞いたら、どうしてもお金をもらうことができる男の人を見つけたいと思ってしまったのです。
彼女いうところのパトロンの見つけ方、これを聞き出して見たいなって気持ちになってしまっていました。 

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パトロン募集サイトBEST5
パトロン探しの達人に教わったサイト