美術大学を卒業し念願だったイラストレーターの道に入ったのですが、夢と現実のギャップに悩むようになっていました。
学生の頃はのんきな考えでイラストレーターという仕事を楽しめると思っていました。
私には最適の仕事であることは間違いがありませんから、この道を選べばいいのだと言う気持ちしかなかったのです。
だけど、実際にデザイン会社で仕事をするようになってからというもの、想像とはかけ離れた世界だったのでした。
すぐにでも自分のイラストが採用されると考えていたのですが、これがなかなかハードルが高いものがありました。
現在の私の仕事内容は、他の方の書いたイラストの手直しのようなことばかりです。
地味な作業を繰り返す日々が続き、何だか夢がどんどん削られていくような気持ちになってしまっていました。
このままこの会社にいても、私ダメなんじゃないのかな?という考えが頻繁に浮かんでくるようになりました。
やはり独立のほうがいいのか?フリーという立場の方がいいのかなど、悩みを持つようになっていたのです。
しかし、簡単に収入が入るような甘い世界ではありません。
今の仕事だったら、ある程度は収入が確保されているので、やはり安定を望んだほうがいいのかなど、悩む日々を続けていたのでした。
このような状況の私に、美術大学時代からの友人からの連絡がやってきました。
突然、お金をもらうことができたから独立すると言い出したのです。
あまりにも唐突な独立宣言に、ひたすら驚くばかりって感じでした。
彼女お金くれる人を見つけて、支援してもらう約束ができて独立を決めたということを話してきたのです。
詳しい話を聞きたいから、彼女を呼び出すことにしました。

そして、友人の話を聞いて私もパトロンが欲しいと思うようになっていきました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パトロン募集サイトBEST5
パトロン探しの達人に教わったサイト